スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高橋大輔と浅田真央が真剣交際となーー!?


なーーーーー!!


なんですとーーーーーー!!?


我がフィギュア王子高橋大輔と


我がフィギュアプリンセス浅田真央が


真剣交際ですとーーーー!?



ちょっ



ちょっ



超いいじゃん!!(///▽///)


あくまで噂であって真相はどうなのかわからないけど・・・


つきあっちゃえばいいのに!!!


いや、


お願いだからつきあって!!


ってずーーーっと思ってたんだからーーーーー(爆笑)


でも、相手が大輔にしろそうでないにしろ、
真央ちゃん、恋してるんじゃないかな~って感じてた。
すごーーくキレイになったから!
彼氏でもできちゃったんじゃないのこれーーって思ってた(笑)

あーーーもう・・・

本当に付き合ってればいいのに!!!(笑)
大好きな2人だからメッチャ祝福しちゃうのに!!

私が好きな男性有名人の交際発覚して祝福したことなんて過去、


1度たりともないぜ!(///▽///) きゃっはwww


めずらしいんだからなーー(笑)

ん~、私、よっぽど真央ちゃんのこと好きなんだろうなー(笑)

真央ちゃんも大輔も、大好きだぞーーーーー


スポンサーサイト

四大陸フィギュア2011


四大陸フィギュア男子の部終了。

いくぞー!

いち!

にぃ!

さん!


だいすけーーーーーー(///∇///)ノ


高橋大輔のダントツ優勝!
だけど2位につけたユズもすごい。
今大会フリーで4回転決めたのユズだけじゃね?(@_@)
本人もいってたけど来シーズン楽しみだね(*^^*)

ってユズは置いといてー、
タカヒコ小塚!
も置いといてー、

大輔ーーーーーー(///∇///)ノシ

フリーの4回転の失敗とかそんなとこは
もちろん大事な要素ではあるけど
それをワクワク感で忘れさせてしまうような
会場の空気を作り出すところがスゴい!
ほんっと、貫禄ってこういうことよね。
そして大輔のスケーティングは見ていてときめく!
ときめくってこういうことよねって思う(笑)

大輔のスケーティングはとにかく情熱的!
激しい演技も情熱的だし
しっとりな演技も情熱的!!
パッション キング!!(爆笑)

ドキがムネムネする。
胸がキュンキュンする。
ランビエールに対してのキュンキュンとは違う。
大輔には、大輔にしか感じさせることができない
キュンキュンがある!!

カッコイイ!!ε=ε=(ノ≧∇≦)ノ

大ケガからの復帰がそういうのを
余計に増幅させたのかもしれないね。

世界フィギュアがめっちゃ楽しみじゃ~O(≧▽≦)O

四大陸、女子も楽しみね!
真央ちゃ~ん(///∇///)ノシ



カメラにおさめました。

ランビエール


女子ショートプログラムを観戦しに来たランビエール。
オーラハンパねぇ・・・・・・・/////
画面変わる瞬間だから次に映る画面うっすら映りこんでる。


ランビエール2


女子フリースケーティングを観戦しに来たランビエール。
お・・・王子様・・・・・/////
やっぱ画面変わる瞬間(笑)


会場


豪華メンバーズラリ、の図。
何人見つけられますか?(笑)


会場2


日本人グループ(笑)
その下にベルネル。
ベルネル・・・魂が抜けてる顔してる。
メッチャ「無」の、「ゼロ」の状態ですね!
映されてますよ(爆笑)
てか隣の人メッチャ話かけてますけど完全スルーですね!


まおよな


いろいろ見てるうちにすごいの発見。
これ・・・
ジャンプしてる写真じゃなきゃダメだった・・・?
2人ともさ、女の子だしさ・・・・・。


まおよな2


アップ。
真央ちゃんカワユイ♪


採点基準の疑問

今回のバンクーバーオリンピック、フィギュアスケート。
金メダルを獲得したキムヨナが異常なほどの高い得点を付けられました。
始めは「はっ!?」って思って目を疑ったけど
それだけすごい演技をしたって事かなぁ~って言い聞かせた。
うん、ヨナ、キレイだったしね・・・うんうん・・・・。
ミスなしで滑りきってるし、金メダルも異議はないよ、うん・・・。
でもやっぱり、どう考えても高すぎなんじゃないかなぁ?
あれじゃあ一生懸命やってきた他の選手のやる気をそぐんじゃない?
だって、あんな点数出されたら絶対に抜けないよ。
そして男子フィギュアの結果でプルシェンコが抗議した事も思い出され。
いろいろと調べたり考えたりしてみた。
そこで、真央ちゃんとヨナの採点の詳細を比較してみると・・・。


★フリースケーティング得点★

    テクニカルスコア  コンポーネンツスコア    TOTAL    SP+フリーTOTAL   
      (技術点)        (構成点)
真央    64.48       67.04         131.72      205.50

ヨナ    78.30        71.76         150.06      228.56
 

もう、ありえません・・・・・。
このフリースケーティングの150.06という数字。
男子並です。
男子の中に混ざって競技してもそこそこ互角に渡り合える数字です。
それでは現役の男子、女子の世界最高得点ランキングを見てみます。


★ISU最高得点ランキング(シングル)★

  男子             

1 高橋大輔     264.41(2008四大陸選手権)
2 プルシェンコ   258.33(トリノオリンピック)
3 ライザチェック  257.67(バンクーバーオリンピック)
4 織田信成     244.56(2006NHK杯)
5 ランビエール   239.10(07-08グランプリファイナル)

  
  女子

1 キムヨナ      210.03(2009GPフランス大会)
2 浅田真央     201.87(2009国別対抗戦)
3 安藤美姫     195.09(2007世界選手権)
4 村主章枝     182.08(03-04グランプリファイナル)
5 鈴木明子     176.66(2009GP中国大会) 


そして、気になるのがこの、ヨナが滑った今回のフリーのプログラム。
これは去年、2009年10月に行われたGPフランス大会で
ヨナが金メダルを獲ったときと同じプログラムです。
そのときもノーミスで美しく滑りきりました。
そこで出たフリーの得点が133.95という数字です。
それがいきなりバンクーバーで150の大台にのったわけですよね~。
さらに世界記録を更新したわけですがそれが、210.03という高得点です。
でも今回のバンクーバーで、同じような滑走状態からいきなり
228.56という、自らの世界記録を18.53も上回る
ちょっと考えにくい高得点が飛び出したわけです。
よほど劇的に変化しないとありえないんじゃないかなぁ~。
バンクーバーで演技の何かが変わったわけでもなさそうだし。

真央ちゃんも、バンクーバーで自らの持つ記録を更新してます。
201.87から205.50へ。
でも男子女子、大体すべての選手の演技を見たんですが、
自己ベスト更新やらシーズンベストを出す選手がやたらと多かったのは
すごく印象に残ってるんですよね。
そして解説を勤めた八木沼じゅんこさんも
「採点基準がちょっと、どうなってるのか私にはわからないんで~」
的な事をもらしたのも何回か聞きましたね~。

それでは2人のフリーのテクニカルスコア(技術点)を比較します。
13.82点も差がついたのはどういうことなのでしょう!?


★真央テクニカルスコア詳細★

 演技                得点   (基礎点   加点(GOE))
 
3アクセル              9.00  (8.20 + 0.80)
3アクセル+2トゥループ     9.70  (9.50 + 0.20)
3フリップ+2ループ        7.60  (7.00 + 0.60)
フライングシットスピン       3.80  (3.00 + 0.80)
スパイラル              6.00  (3.40 + 2.60
3ループ                6.10  (5.50 + 0.60)
3フリップ+2ループ+2ループ 4.69  (5.17 - 0.48
1トゥループ             0.44   (0.44 + 0.00)
2アクセル              4.85   (3.85 + 1.00)
コンビネーションスピン       3.80   (3.00 + 0.80)
ストレートラインステップ      4.40   (3.30 + 1.10
コンビネーションスピン       4.30   (3.50 + 0.80)


始めのうちは順調だったんですけどね~。
3連続コンビネーションジャンプの一発目、3フリップが
残念ながら着氷してからの回転になってしまいダウングレード。
-0.48の減点になってしまいました。
その後、立て直そうと少し焦ったのかはわからないけど
3トゥループの予定がエッジが引っかかって跳べずにシングルトゥループに。
ここで5点くらいは落としてしまった感じです。
でも、みてください!!
スパイラルとストレートラインステップの加点!!!
ここは、真央ちゃんが唯一ヨナよりも高い評価を受けました!!
やはり、真央ちゃんのスパイラルの美しさ、ストレートラインステップの
技術の高さがしっかりと評価されました!!!
私はこれがとても嬉しくて、これだけで勝った気になりました(笑)
だってヨナは加点ばかりだけど最高で2.00の加点。
真央ちゃんのスパイラルなんて2.60も加点されてるんですよ。
すごいって思います!!!
今回、ミスもあったけどいまいち技術点が伸びなかった理由として、
「ジャンプの種類の少なさ、連続ジャンプの質」
というものがあげられてるのをみました。
真央ちゃんは前までフリップ、ループなどの連続ジャンプを跳んでいたけど
ループの回転不足が目立ったため今季から外してます。
そうする事によって、高得点をかせげるようなジャンプの種類が
減ってしまったのが関係しているという話もあるようです。
コンビネーションジャンプの質。
今回のダウングレードの事も含め、真央ちゃんの課題となりそうです。


★ヨナテクニカルスコア詳細★

 演技                得点  (基礎点  加点)

3ルッツ+3トゥループ     12.00 (10.00 + 2.00)
3フリップ              7.30 (5.50  + 1.80)
2アクセル+2トゥループ+2ループ 7.70(6.30 + 1.40)
コンビネーションスピン      3.80 (3.00 + 0.80)
スパイラル              5.40 (3.40 + 2.00)
2アクセル+3トゥループ     9.50 (7.50 + 2.00)
3サルコー              6.35 (4.95 + 1.40)
3ルッツ                8.60 (6.60 + 2.00)
ストレートラインステップ      4.30 (3.30 + 1.00)
2アクセル               5.25 (3.85 + 1.40)
フライングシットスピン        3.60 (3.00 + 0.60)
コンビネーションスピン       4.50 (3.50 + 1.00)


なんでしょうね、この加点の嵐・・・・・。
私は素人なのでどの程度で加点がつくのかわからないです。
でも・・・
ここまで加点されてる選手は他にいなかったと思います。
それは、キムヨナの技術ももちろん素晴らしいものがあるんだけど
ここまでの加点ってのはちょっと見たことがないですね。

この高得点に関していろんな論争が巻き起こっているようですが、
考えさせられる内容のものが二つあったので紹介します。

「フリーは真央がヨナの後で、どれくらいの得点を出すのかわからないから
とにかくたくさん加点しておけという感じだったのでは。」

「ある選手に異常な高得点が出る採点結果自体に、
審判団からのメッセージが入っているのではないかと・・・
審判団も何らかの事情である選手に対して特別加点を加えている事を
アピールしている気がする。
八百長するなら、2位に微妙な差で勝つような
シナリオを作るのでは。」

これはヨナのコーチがカナダ人とか・・・
まぁあんまり題材にしたくはないような事実に基づいての・・・

でもなんかなるほど・・・
なんて思っちゃうような内容だったので。
こんなでたらめに高い数字を見なければこんな事は思わなかったですよね。
これは韓国の方からしてみれば負け犬の遠吠え的にとらえますよね。

ただ、このバンクーバーでは採点基準が???
っていうのが多々あったにはあったので。
私がもっとも疑問に思ったのは、男子、ジョニーウィアーです。
彼は、ショートプログラムを完璧に美しく滑りきったんです。
でも得点が思ったほど伸びず。
私はもっと上位に位置づけると思っていたのでビックリ。
それと同じ事を思った方がたくさんいたようで、
会場からはブーイングが起こりました。
そしてウィアーのフリースケーティング。
これまたミスもなく美しく滑りきったのです。
きっとウィアーも次こそはいけるって思ったんじゃないかな。
私も、これはなかなか良かったんじゃないかな~なんて感じてた。
でもまた得点が伸びず・・・
会場からはショートの時より激しいブーイングが。
それを、ウィアーが寂しそうな笑顔で「抑えて抑えて」っていうジェスチャー。
これには私胸が痛かったです。
ちょっとこの判定は不可解でしたが。

話を戻しますが構成点の方も、ここまで見たら比較してみます。


★構成点(ファイブコンポーネンツ)★

     技術   つなぎ   実行力/遂行力  ふりつけ   曲の解釈

真央  8.55   7.85     8.50      8.45    8.55

ヨナ   9.05   8.60     9.15      8.95    9.10       

   
これはまた驚異的な数字です・・・
ヨナは9点台が3つも・・・
ありえねぇ・・・・・
ファイブコンポーネンツに関しては
真央ちゃんはすべてキムヨナを上回る事ができませんでした。

何年か前に採点基準が変わってから、競技というフィギュアは
変化を遂げてきているという事なのでしょうか?
ライザチェックやヨナのように、派手さはなくても美しく滑りきれば評価される・・・・
でもウィアーを見ている限りそんな事もなかったので、わかりません。
確かに大技を決めてこその競技、っていう考えも捨てれない。
リスクを背負って成功させてこその高得点であってほしいとも思う。
4回転や真央ちゃんのトリプルアクセルのように。
う~~ん。

ま・・・。
得点は不可解だけど、批判をしたいわけじゃないので。
だってキムヨナは素晴らしい選手。
ライザチェックだって、一生懸命で素晴らしい選手。
プルシェンコも、素晴らしい。

3月にトリノで行われる世界選手権から目が離せない展開に
なってきましたね~!!
残念ながらライザチェックはその世界選手権、欠場を表明しました・・・
それは・・・・・なぜ・・・!?( ̄□ ̄;)
現役引退は否定したそうですが。
トリノでの得点がどうなるのかちょっとドキドキしますね。

そして大差を付けられて銀メダルだった真央ちゃんにいいたい。
真央ちゃんは、向上心のある一流のスケーターだと思います!!!
真央ちゃんの変化の一つ一つを楽しみに応援しています!

1984年、サラエボオリンピック、フィギュア金メダリストであり
1981年~1984年世界フィギュア優勝という素晴らしい功績を持つ
ハミルトン氏が、さっきテレビ(VTR)でこういってました。

「真央は勝利に値する演技だった。
トリプルアクセルを3回も跳んだんだから。」

そのVTRをみた真央ちゃんが嵐の桜井に「これきいてどうですか?」と聞かれ
「突然でビックリして何言ったかよく覚えてない(笑)」
といって笑いましたがその表情はパァッと明るくなり本当に嬉しそうでした・・・
それきいてまた泣いてしまった私。
だって私も演技見てそう思った。
真央ちゃん、よかったね!!!!!!

得点のことは疑問だけどもうこれくらいにしようかな。
だって真央ちゃんのカワユイ笑顔が戻ったし♪
落ち着いてきたら、銀メダル獲れてうれしいって気持ちがこみ上げてきてる
風だね、真央ちゃん。
表彰式とかも笑顔がないから心配してたんだ。
あれだけの抑えられないくらいの悔しいって気持ちがあれば
真央ちゃんはもっともっと向上していくね!!!
数時間後に控えたエキシビジョン、楽しみです!!


   

バンクーバー女子フィギュアフリー結果

まずは

真央ちゃん、銀メダルおめでとう!!!

ついにバンクーバーのフィギュアスケートは幕を閉じました。
まだエキシビジョンはあるけど(笑)
いろいろ波紋を呼んでいるフリーの結果ですが・・・

金メダル キムヨナ
銀メダル 浅田真央
銅メダル ジョアニーロシェット

  4位    長洲未来
  5位    安藤美姫
  6位    ラウラレピスト
  7位    レイチェルフラット
  8位    鈴木明子

素晴らしいですね。
男子に続き、女子も3人全員入賞、という結果になりました!!!
これは日本フィギュア勢、快挙だと思います!!
アイスダンスのリード姉弟も美しく楽しいダンスを見せてくれたし!
始めにフリースケーティングの結果をあっさりと、メダリスト+αで。


★キムヨナ★
テクニカルスコア78.30 コンポーネンツスコア71.76 TOTAL150.06
SP+フリーTOTAL228.56

曲はピアノ協奏曲へ長調。
ノーミスでした。
完璧に、演じきったのではないでしょうか・・・。
私はショートプログラム同様、見入ってしまいました。
でも、強気な発言もある彼女ですが緊張していたと思います。
始まりのあのニヤッとする表情がいつもより固かった気が。
イナバウアーからの2アクセル+2トゥループ+2ループ。
最後の2ループのところで片手を上げながらジャンプしますが、
手を上げながらのジャンプは加点(GOE)の対象になると記憶してます。
表情豊かに華麗に舞う演技は、夢のような一時でした。
見たところ素人目にはまったくミスなど見つけられません。
しいていえば曲が終わるのより微妙に早く決めのポーズつけたくらい。
これはかなりの得点が出るかもしれない・・・
ヨナも手ごたえとホッとしたのと、いろんな感情があったのでしょう。
泣きました。
あれは私は初めて見ましたねぇ。
でも、とてつもなく美しい演技だった事に満足でした。
さぁ、どんな得点がでるかな・・・??

って

はい~!?Σ( ̄□ ̄;)

目を疑いました。
前代未聞の数字に、驚くどころかものすごく冷静になった。
スローモーション的な感覚に陥った。
こんなの、抜けるわけないじゃん!!!
こんなの、もう真央ちゃん滑る前に金メダル決定じゃん!!!
ヨナは自らが持つ世界記録を18.53も更新。
真央ちゃんが金メダルを獲るには155点くらいフリーで出さなきゃ。
そんな得点、出せるわけないじゃん!!!

ここで私の心の友、相棒さんの一言。

「なんだよあの点数は・・・。
フリーだけで150って、バカじゃねぇの?て思ったね。」


「なんか、私は日本人で真央ちゃんが
大好きだからアレだけど・・・」


相棒・・・アレってドレ?
とにかくこの時点で、真央ちゃんの心理状態が心配になりました。
でもまぁ、ミスもなく美しかったので、納得の金メダルではあります。
なんか理解に苦しむのはヨナが金メダルを獲った事ではなく、
その世界記録を思いっきり上回った採点基準ですね・・・
その話は後ほど・・・


★真央ちゃん★
テクニカルスコア64.68 コンポーネンツスコア67.04 TOTAL131.72
SP+フリーTOTAL205.50

曲は前奏曲、鐘。
ヨナが滑り終わった時の鋭い歓声がイヤホン越しにも聞こえたのでしょう。
イヤホンを耳に押し込むように押さえつけこわばった表情で
体を上下に激しく動かす真央ちゃんの姿を見たとき、
このテンパり方は大丈夫だろうかと心配で泣きそうになった。
リンクインするころにはなんとか表情のこわばりは消えてたけど・・・
もう、祈るような気持ち。
あんな点数もう抜けないから、とにかく自分の精一杯で滑れますように・・・

このプログラムは今までの真央ちゃんの優雅な清楚なイメージとは違って、
激しく鬼気迫るような振り付けや表情。
真央ちゃん自信は気に入ってるというこのプログラム。
真央ちゃんの自分への挑戦っていう内容だと思う。
真央ちゃんは、常に高みを目指して変化している!!!
無難に滑らず、新しい試みで毎試合戦ってるんだって心底感じる。
でも、そんな真央ちゃんだからこそみんなが応援するんだよね。

残念ながら3連続コンビネーションジャンプの3フリップで着氷してから
回転してしまい、ダウングレードをとられてしまいました。
そしてその後のエッジが引っかかってバランスを崩しジャンプが跳べないシーン。
予定では3トゥループだったのにシングルトゥループ判定。
ここでかなりの得点がもれたのは事実だけど・・・
本人もあとあと「エジが引っかかった時に跳べばよかった、後悔してる」との事。
きっと頭の中で立て直す事に集中してるし。
演技をしながら頭でも考えて戦ってたんだなって思います。

ストレートラインステップシークエンスでは、圧巻でした・・・
私は、あんな大歓声のヨナの後にこんなに集中して滑ってる真央ちゃんに
すでに涙がボロボロだったんだけど、このストレートラインステップを
見ながら平常心ではいられずしゃくりあげて泣きました(笑)
だって!!!
このストレートラインステップは相当の世界最高レベルだと思うんです!!!
これは真央ちゃんにしかできないと思うんです!!
その迫力と情熱に、しゃくりあげながら息を呑んで見入りました。
私、このプログラムのこのストレートライン大好きです!!!
ただ一言、真央ちゃんすごい!!!です!!!

ノーミスとはいかなかったけど、私は真央ちゃんのすごさを目の当たりにしました。
メダル抜きにして、今の時点で真央ちゃんが世界一の女子スケーターと思います。
それは、あえて難しいことに挑戦している、という事に対してのリスペクトです。
無難に滑る事はきっとどんなに美しく滑れたとしても、鳥肌たたない。
挑戦し続けて高みを目指してる滑りの方が価値があると私は思います。
あんな素晴らしい鳥肌ものの演技を見せてくれた真央ちゃんはカッコイイです。
ただただ、称賛しかないです。


★ロシェット★
テクニカルスコア62.80 コンポーネンツスコア68.48 TOTAL131.28
SP+フリーTOTAL202.64

曲はサムソンとデリラ。
ショートプログラムの後、こういってたらしい。
「皆さんの応援に感謝しています。一生忘れません。」
「それ以上の事は言葉で表現できません。」
それはこっちのセリフです。
直前にあんな事があったばかりなのにオリンピックに出場して、
こんなにステキな演技を見せてくれたからね・・・
銅メダル、おめでとうございます!!

ロシェットも転倒はなかったにしても少しミスがありました。
2回目?のジャンプのステップアウトとか、2アクセル後の着氷とか。
流れるように着氷できませんでした。
それでも力強く優雅に滑りきり、私も安心しました。

ショートプログラムの後はこらえきれずに涙があふれたロシェットですが、
フリーが終わった時は落ち着いていましたね~。
ロシェットが何かを乗り越えた瞬間を見たような気がしました。
天に向かって投げキッスする姿は、とても切なかったです。


★その他の入賞者たち★

安藤美姫、私は褒めたいと思います!!
トリノで失敗した重圧も少なからずあったでしょうから・・・
このバンクーバーではそこそこの結果も出せて、自信になったのでは?
ショートではミスがあって得点が伸びなかったけど、
フリーのクレオパトラは良かったと思います~!
衣裳もかわいいですね!
緊張もしてただろうけど、表情が落ち着いてましたね~。
キレのあるジャンプもよかったし、丁寧に滑りきれましたね!
5位入賞、おめでとう!!!!!
まぁ、4回転もそのうち見たいなぁ~~・・・とかいっておく。
どうでもいいけど演技終ってコーチの元へ戻った時・・・
その抱擁の仕方はコーチと選手の抱擁ではないですね!(爆笑)

長洲未来。
彼女は、小塚崇彦並の急成長じゃないですか?
4年後のソチでは、くると思いますね~。
演技、すごくいいです。
イナバウアーは、個人的にはキムヨナのイナバウアーよりも
長洲のイナバウアーの方がやわらかくてきれいだったと思いますよ。
キスアンドクライでひたすらカメラに向かってヘラ~っとしゃべる長洲。
それを横目で見ているコーチ。
ニコニコデレデレと、かわいがってそう、長洲のこと(笑)
なんか孫とおじいちゃん、みたいな(爆笑)

鈴木明子、すっごいよかった!!!
感動したぁ~、彼女の演技後の表情見て。
大輔や鈴木明子、まぁランビエールもそうだし他にもいっぱいいるけど、
大きなケガや病気をして、それでも必死で戻ってきた選手って
本当に強いし、スケートへの情熱が伝わってきますよね。

選手の皆さん、いい演技をありがとう!
4年後も楽しみにしています!!!

採点の事に関して書こうと思ったけど、
長くなってるので記事分けます!
「採点基準の疑問」へ続く。

プロフィール

まゆ

Author:まゆ
声と頬骨と横顔フェチな爽やかになりたいけどなれない妄想率50%越えのhideを愛してやまない浦和レッズサポ★

カテゴリ

最新記事

ブックマーク

月別アーカイブ

ブログ内検索フォーム

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Twitter

月齢

FEVER X JAPAN

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。