スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

採点基準の疑問

今回のバンクーバーオリンピック、フィギュアスケート。
金メダルを獲得したキムヨナが異常なほどの高い得点を付けられました。
始めは「はっ!?」って思って目を疑ったけど
それだけすごい演技をしたって事かなぁ~って言い聞かせた。
うん、ヨナ、キレイだったしね・・・うんうん・・・・。
ミスなしで滑りきってるし、金メダルも異議はないよ、うん・・・。
でもやっぱり、どう考えても高すぎなんじゃないかなぁ?
あれじゃあ一生懸命やってきた他の選手のやる気をそぐんじゃない?
だって、あんな点数出されたら絶対に抜けないよ。
そして男子フィギュアの結果でプルシェンコが抗議した事も思い出され。
いろいろと調べたり考えたりしてみた。
そこで、真央ちゃんとヨナの採点の詳細を比較してみると・・・。


★フリースケーティング得点★

    テクニカルスコア  コンポーネンツスコア    TOTAL    SP+フリーTOTAL   
      (技術点)        (構成点)
真央    64.48       67.04         131.72      205.50

ヨナ    78.30        71.76         150.06      228.56
 

もう、ありえません・・・・・。
このフリースケーティングの150.06という数字。
男子並です。
男子の中に混ざって競技してもそこそこ互角に渡り合える数字です。
それでは現役の男子、女子の世界最高得点ランキングを見てみます。


★ISU最高得点ランキング(シングル)★

  男子             

1 高橋大輔     264.41(2008四大陸選手権)
2 プルシェンコ   258.33(トリノオリンピック)
3 ライザチェック  257.67(バンクーバーオリンピック)
4 織田信成     244.56(2006NHK杯)
5 ランビエール   239.10(07-08グランプリファイナル)

  
  女子

1 キムヨナ      210.03(2009GPフランス大会)
2 浅田真央     201.87(2009国別対抗戦)
3 安藤美姫     195.09(2007世界選手権)
4 村主章枝     182.08(03-04グランプリファイナル)
5 鈴木明子     176.66(2009GP中国大会) 


そして、気になるのがこの、ヨナが滑った今回のフリーのプログラム。
これは去年、2009年10月に行われたGPフランス大会で
ヨナが金メダルを獲ったときと同じプログラムです。
そのときもノーミスで美しく滑りきりました。
そこで出たフリーの得点が133.95という数字です。
それがいきなりバンクーバーで150の大台にのったわけですよね~。
さらに世界記録を更新したわけですがそれが、210.03という高得点です。
でも今回のバンクーバーで、同じような滑走状態からいきなり
228.56という、自らの世界記録を18.53も上回る
ちょっと考えにくい高得点が飛び出したわけです。
よほど劇的に変化しないとありえないんじゃないかなぁ~。
バンクーバーで演技の何かが変わったわけでもなさそうだし。

真央ちゃんも、バンクーバーで自らの持つ記録を更新してます。
201.87から205.50へ。
でも男子女子、大体すべての選手の演技を見たんですが、
自己ベスト更新やらシーズンベストを出す選手がやたらと多かったのは
すごく印象に残ってるんですよね。
そして解説を勤めた八木沼じゅんこさんも
「採点基準がちょっと、どうなってるのか私にはわからないんで~」
的な事をもらしたのも何回か聞きましたね~。

それでは2人のフリーのテクニカルスコア(技術点)を比較します。
13.82点も差がついたのはどういうことなのでしょう!?


★真央テクニカルスコア詳細★

 演技                得点   (基礎点   加点(GOE))
 
3アクセル              9.00  (8.20 + 0.80)
3アクセル+2トゥループ     9.70  (9.50 + 0.20)
3フリップ+2ループ        7.60  (7.00 + 0.60)
フライングシットスピン       3.80  (3.00 + 0.80)
スパイラル              6.00  (3.40 + 2.60
3ループ                6.10  (5.50 + 0.60)
3フリップ+2ループ+2ループ 4.69  (5.17 - 0.48
1トゥループ             0.44   (0.44 + 0.00)
2アクセル              4.85   (3.85 + 1.00)
コンビネーションスピン       3.80   (3.00 + 0.80)
ストレートラインステップ      4.40   (3.30 + 1.10
コンビネーションスピン       4.30   (3.50 + 0.80)


始めのうちは順調だったんですけどね~。
3連続コンビネーションジャンプの一発目、3フリップが
残念ながら着氷してからの回転になってしまいダウングレード。
-0.48の減点になってしまいました。
その後、立て直そうと少し焦ったのかはわからないけど
3トゥループの予定がエッジが引っかかって跳べずにシングルトゥループに。
ここで5点くらいは落としてしまった感じです。
でも、みてください!!
スパイラルとストレートラインステップの加点!!!
ここは、真央ちゃんが唯一ヨナよりも高い評価を受けました!!
やはり、真央ちゃんのスパイラルの美しさ、ストレートラインステップの
技術の高さがしっかりと評価されました!!!
私はこれがとても嬉しくて、これだけで勝った気になりました(笑)
だってヨナは加点ばかりだけど最高で2.00の加点。
真央ちゃんのスパイラルなんて2.60も加点されてるんですよ。
すごいって思います!!!
今回、ミスもあったけどいまいち技術点が伸びなかった理由として、
「ジャンプの種類の少なさ、連続ジャンプの質」
というものがあげられてるのをみました。
真央ちゃんは前までフリップ、ループなどの連続ジャンプを跳んでいたけど
ループの回転不足が目立ったため今季から外してます。
そうする事によって、高得点をかせげるようなジャンプの種類が
減ってしまったのが関係しているという話もあるようです。
コンビネーションジャンプの質。
今回のダウングレードの事も含め、真央ちゃんの課題となりそうです。


★ヨナテクニカルスコア詳細★

 演技                得点  (基礎点  加点)

3ルッツ+3トゥループ     12.00 (10.00 + 2.00)
3フリップ              7.30 (5.50  + 1.80)
2アクセル+2トゥループ+2ループ 7.70(6.30 + 1.40)
コンビネーションスピン      3.80 (3.00 + 0.80)
スパイラル              5.40 (3.40 + 2.00)
2アクセル+3トゥループ     9.50 (7.50 + 2.00)
3サルコー              6.35 (4.95 + 1.40)
3ルッツ                8.60 (6.60 + 2.00)
ストレートラインステップ      4.30 (3.30 + 1.00)
2アクセル               5.25 (3.85 + 1.40)
フライングシットスピン        3.60 (3.00 + 0.60)
コンビネーションスピン       4.50 (3.50 + 1.00)


なんでしょうね、この加点の嵐・・・・・。
私は素人なのでどの程度で加点がつくのかわからないです。
でも・・・
ここまで加点されてる選手は他にいなかったと思います。
それは、キムヨナの技術ももちろん素晴らしいものがあるんだけど
ここまでの加点ってのはちょっと見たことがないですね。

この高得点に関していろんな論争が巻き起こっているようですが、
考えさせられる内容のものが二つあったので紹介します。

「フリーは真央がヨナの後で、どれくらいの得点を出すのかわからないから
とにかくたくさん加点しておけという感じだったのでは。」

「ある選手に異常な高得点が出る採点結果自体に、
審判団からのメッセージが入っているのではないかと・・・
審判団も何らかの事情である選手に対して特別加点を加えている事を
アピールしている気がする。
八百長するなら、2位に微妙な差で勝つような
シナリオを作るのでは。」

これはヨナのコーチがカナダ人とか・・・
まぁあんまり題材にしたくはないような事実に基づいての・・・

でもなんかなるほど・・・
なんて思っちゃうような内容だったので。
こんなでたらめに高い数字を見なければこんな事は思わなかったですよね。
これは韓国の方からしてみれば負け犬の遠吠え的にとらえますよね。

ただ、このバンクーバーでは採点基準が???
っていうのが多々あったにはあったので。
私がもっとも疑問に思ったのは、男子、ジョニーウィアーです。
彼は、ショートプログラムを完璧に美しく滑りきったんです。
でも得点が思ったほど伸びず。
私はもっと上位に位置づけると思っていたのでビックリ。
それと同じ事を思った方がたくさんいたようで、
会場からはブーイングが起こりました。
そしてウィアーのフリースケーティング。
これまたミスもなく美しく滑りきったのです。
きっとウィアーも次こそはいけるって思ったんじゃないかな。
私も、これはなかなか良かったんじゃないかな~なんて感じてた。
でもまた得点が伸びず・・・
会場からはショートの時より激しいブーイングが。
それを、ウィアーが寂しそうな笑顔で「抑えて抑えて」っていうジェスチャー。
これには私胸が痛かったです。
ちょっとこの判定は不可解でしたが。

話を戻しますが構成点の方も、ここまで見たら比較してみます。


★構成点(ファイブコンポーネンツ)★

     技術   つなぎ   実行力/遂行力  ふりつけ   曲の解釈

真央  8.55   7.85     8.50      8.45    8.55

ヨナ   9.05   8.60     9.15      8.95    9.10       

   
これはまた驚異的な数字です・・・
ヨナは9点台が3つも・・・
ありえねぇ・・・・・
ファイブコンポーネンツに関しては
真央ちゃんはすべてキムヨナを上回る事ができませんでした。

何年か前に採点基準が変わってから、競技というフィギュアは
変化を遂げてきているという事なのでしょうか?
ライザチェックやヨナのように、派手さはなくても美しく滑りきれば評価される・・・・
でもウィアーを見ている限りそんな事もなかったので、わかりません。
確かに大技を決めてこその競技、っていう考えも捨てれない。
リスクを背負って成功させてこその高得点であってほしいとも思う。
4回転や真央ちゃんのトリプルアクセルのように。
う~~ん。

ま・・・。
得点は不可解だけど、批判をしたいわけじゃないので。
だってキムヨナは素晴らしい選手。
ライザチェックだって、一生懸命で素晴らしい選手。
プルシェンコも、素晴らしい。

3月にトリノで行われる世界選手権から目が離せない展開に
なってきましたね~!!
残念ながらライザチェックはその世界選手権、欠場を表明しました・・・
それは・・・・・なぜ・・・!?( ̄□ ̄;)
現役引退は否定したそうですが。
トリノでの得点がどうなるのかちょっとドキドキしますね。

そして大差を付けられて銀メダルだった真央ちゃんにいいたい。
真央ちゃんは、向上心のある一流のスケーターだと思います!!!
真央ちゃんの変化の一つ一つを楽しみに応援しています!

1984年、サラエボオリンピック、フィギュア金メダリストであり
1981年~1984年世界フィギュア優勝という素晴らしい功績を持つ
ハミルトン氏が、さっきテレビ(VTR)でこういってました。

「真央は勝利に値する演技だった。
トリプルアクセルを3回も跳んだんだから。」

そのVTRをみた真央ちゃんが嵐の桜井に「これきいてどうですか?」と聞かれ
「突然でビックリして何言ったかよく覚えてない(笑)」
といって笑いましたがその表情はパァッと明るくなり本当に嬉しそうでした・・・
それきいてまた泣いてしまった私。
だって私も演技見てそう思った。
真央ちゃん、よかったね!!!!!!

得点のことは疑問だけどもうこれくらいにしようかな。
だって真央ちゃんのカワユイ笑顔が戻ったし♪
落ち着いてきたら、銀メダル獲れてうれしいって気持ちがこみ上げてきてる
風だね、真央ちゃん。
表彰式とかも笑顔がないから心配してたんだ。
あれだけの抑えられないくらいの悔しいって気持ちがあれば
真央ちゃんはもっともっと向上していくね!!!
数時間後に控えたエキシビジョン、楽しみです!!


   
Comment

真央ちゃん

なんかさー、色々見るとほんっとにイヤになるよね。でも、エキシビジョンとかでの真央ちゃんの笑顔みて、気持ちが晴れた。改めて真央ちゃんが大好きになったよ。ほんっとにキュートでチャーミングでクレバーな真央ちゃんが大好き!!カッコいいアスリートだよね。時々足をバックリ開いて座っちゃったりするけどね…(爆笑)でもそんな真央ちゃんがカワイイ!!とにかくステキすぎるわぁ!!


あのね、相棒が書いてたウィアーの事。これをウチの旦那が観てたらしくてさ、そりぁあもう嵐のような大絶賛!!夕飯の時、ちょっとウザいくらいだった(爆笑)でも、ほんっとに素晴らしかったよね。得点待つ時、バラか何かの花輪?あれを頭にのせて、それを隣の人が外そうとしたのをまた更にのせ直すウィアー…(爆笑)あれがすーごいカワイかった(笑)

とにかく私は真央ちゃんが好きだーーー!!ア~ン!!ランビエールゥ~!!!←おい(爆笑)


相棒おつかれさん!!相棒のおかげでフィギュアがよりたのしく観られたよ!!!


あ、そうだ。今朝とくダネでエキシビジョンのリハーサルの時かな?プルシェンコが真央ちゃんと写真撮ってるシーンあったんだけど、観た?プルシェンコ、ほっぺにチューをおねだりしたんだって。「キスして♪」って。プルシェンコ…やるな(爆笑)


滝ムーツー(相棒)へ

おっす!
オラ悟・・・

え~~見てないや!!(笑)
でもねぇ、そうなの。
プルシェンコって、すっごい女好きなの!!(爆笑)
それはもう清清しいくらいに明るい女好きなの。
数年前に外でインタビュー受けてるとき、
横をカワイイ女の子が通ったのね。
そしたらプルシェンコ、インタビューの途中なのに
その女の子に慌てて近寄って話かけてさ~。
「今空いてる?ちょっと待ってて、一緒にご飯を食べに行こう!」って。
そんで急いでインタビュー終らすようなそんな奴なんだよ(爆笑)
もうね~、肉食もいいとこだよ(爆笑)
でもプルシェンコはそういう情熱的な部分を
演技に出せるからカッコイイしスキだなぁ~!
真央ちゃん、ほっぺにキスしたのかなぁ?(爆笑)

そか、そう言ってもらえるとうれしはずかしだね、ありがと♪(笑)
いやいや、4年に1度のオリンピックだからね~!
いつもはフィギュアはかわいいとかかっこいいとか
きれいとかそんなんしか書かないけど(爆笑)
ランビエールの復活ってのもあって楽しくなっちゃったし(笑)
自己満足で書いたしやたらと長いけど・・・
疲れたからしばらくはまったりブログに戻る(爆笑)

いやぁ~、ウィアーはねぇ、ホントにいい演技したと思うの!!
なんであんなに点もらえなかったんだろうって、心が痛い。
ウィアーだって、ショートもフリーも自分なりに
すごい手ごたえがあったはずなのね。
演技後の喜びようでわかるの、それは。
それなのにどうして!?みたいな。
観客だってみんな同じこと思ったんだよ、あのブーイング。
実力のある選手だし、ちょっと腑に落ちない。
今回見ててそういうのがものすごく多かったからさ~。
ウィアーってさ、ちょっと変わってるというか・・・(爆笑)
そのバラの冠のはフリーの時だよね。
冠外そうとしたのはコーチだよ(笑)
「え~なんで?とらなくてもいいよ、かぶらせて」
みたいな感じだったよね、そんでかぶってゴキゲンみたいな(爆笑)
ショートの時もキスアンドクライにいるときの
テンションがもうおっかしくてさ~~!
クネクネクネクネ妖しい雰囲気でニコニコして(爆笑)
たぶんウィアーは陽気なナルシストさんだと思う(爆笑)

そうなのそうなの!!
もうね、得点や結果はこうなったけどどうでもいいよ!!
このオリンピックを見て、真央ちゃんって
今の女子フィギュア界で世界一の根っからの
挑戦者であり可能性を秘めた選手だなってあらためて思えたから!!
もう、真央ちゃんから目を離しちゃダメだと思う!!!
絶対に他に偉業を成し遂げるって思う!!!

あ~もうごめん、修造降臨(爆笑)

うん、エキシビジョンの真央ちゃん、超かわいかったね!!!
あの笑顔最高!!!!!
衣裳もモロに私好みだし、無邪気な真央ちゃんカワユイ♪♪♪
ヨナには真央ちゃんにはない大人の妖艶さが出せるけど、
ヨナに真央ちゃんのあのキュートな愛されオーラは出せない!!
いろんな意味で大きな収穫があったオリンピックだったね!

もう~~~~・・・
私ミドルネーム、「マッハ」じゃなくて
「マッハ修造」って入れるわ。
やたらと返事、長くてアツくてごめん。(爆笑)

このデータ量、もはやブロガーというよりは、スポーツライターですねw 

hisekiさんへ

どもですw
でも、どうしても個人の感情入れすぎちゃうので
やっぱブロガーどまりな気がしますwwwww
しかもブロガーなんてのも私にはもったいない言い方。
ストレス発散の場と化してるのでwww
Secret

プロフィール

まゆ

Author:まゆ
声と頬骨と横顔フェチな爽やかになりたいけどなれない妄想率50%越えのhideを愛してやまない浦和レッズサポ★

カテゴリ

最新記事

ブックマーク

月別アーカイブ

ブログ内検索フォーム

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Twitter

月齢

FEVER X JAPAN

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。