スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はやぶさ


今日、「SEA REX よみがえる巨大海竜」という全天周映画を
観に多摩六都科学館へ行ってきました!

多摩六都科学館。
現在15歳の甥っ子が小さい時から連れて行ったりしてるんで
わりと昔から訪れたりしている施設です。
ところで・・・

全天周映画・・・・・

ってなに?(爆笑)

とにかく、三畳紀から白亜紀にかけて海に生息していた
ひたすらデカイ三大海生爬虫類のお話です。

そしてついでにしょっちゅう来るわけではないので
プラネタリウムも観ることに。

ところが、ついでな感じだったプラネタリウムが意外な展開に(笑)
前半は普通に東京上空の解説付きのプラネタリウム。
後半、今年感動の帰還を果たした「はやぶさ」についての内容でした。

はやぶさ。


moblog_d17701b0_20101018011959.jpg

moblog_6729e1cf_20101018011959.jpg


帰還した頃ニュースなどでよくその話題を目にしていましたが
いろんなトラブルに見舞われて大変だった様子は知っていました。
その中で、はやぶさが地球の大気圏に突入する前、
最後に写真におさめた・・・いや、目に焼き付けたのが地球の姿。
その地球の写真を見たときに感動して号泣した私でした。

はやぶさの話に入ると、ニュースを見ただけでは
知ることができなかった細かな話を解説してくださって、
どれほどの苦労と多難とたくさんの想いと奇跡と・・・・
っていうのが改めてわかって、涙がボロッとこぼれました。
こぼれたからにはもうとまらず(笑)
映像を見ながら話を聞いて、最後までボロボロでした(笑)

そして極めつけのアレ。

はやぶさが長かった任務を終えて燃え尽きる前、
最後に写真に残した地球の写真が映し出され・・・・。

あの写真は、はやぶさに携わった人たちが
「燃え尽きるはやぶさのためになんとか最後に地球を見せてあげたい」
という強い気持ちから苦労して映し出された写真だそうです。
そんなの聞いちゃったら泣かずにいられます?
その前から泣いてた私が言うのもなんだけど。

ああ、本当に素敵な時間だった、このプラネタリウム。

はやぶさが持ち帰った少量の微粒子。
歴史を変えるような大きな成果をあげられるように見守りたいですね。

はやぶさ。
お疲れ様でした・・・!!!



Comment
Secret

プロフィール

まゆ

Author:まゆ
声と頬骨と横顔フェチな爽やかになりたいけどなれない妄想率50%越えのhideを愛してやまない浦和レッズサポ★

カテゴリ

最新記事

ブックマーク

月別アーカイブ

ブログ内検索フォーム

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Twitter

月齢

FEVER X JAPAN

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。