スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私にとっての都築龍太の引退。


浦和レッズオフィシャル都築龍太引退について



少し前・・・1ヶ月くらい前か?

「都築引退」っぽい言葉が一瞬目に飛び込んできた。

そこで、パッと瞬時にシャットアウト、した。
何も見なかったように完全にシャットアウト。
自分でもビックリするくらい。

それから今の今まで何も考えてなかった~。

でも昨晩、何も考えずいつものようにTwitterのタイムライン見てたら
フォローしてる高崎(浦和レッズ選手)のツイートに固まった。

「みんなでご飯なう~久しぶりに都築さんも一緒~」的な・・・(笑)

そしてなんと写真が添付されてるっぽい・・・。
ちょっとためらったけど写真開くと・・・
少し遠めに座ってるリョータがカメラ目線で微笑んでる写真だった・・・

やばっかったすね~。

閉店ガラガラでシャットアウトしてたリョータの顔を見たら、
開店ガラガラな気分になって胸が熱くなってキュンキュンで、
リョータの引退、ちゃんと前向きに、向き合って、受け入れよう・・・
っていう気持ちにスッと切り替わった。

高崎、きっかけをくれてありがとう~~・・・


私がリョータにトキメキを感じ出したのは2007年6月のA3の時。
A3って日本、韓国、中国のリーグ優勝チームがトップを競う大会。
アジアのトップ3の大会。

よ~く覚えてるわぁ。
ぶちきれたんだよね、リョータが。(爆笑)
何でぶちきれたかまでははっきり覚えてない・・・
自分が危ない目にあったからか、
仲間が危ない目にあったからか、
審判団の誤審に文句つけたのか・・・
すっごい威圧的で、あのネコ科の猛獣な顔だから
トラが獲物を狩るみたいなガオーーー感に私のDNAが騒いだくさい(爆笑)
その時から気になって気になって・・・
なんとなくリョータにhideちゃんの風を感じることもあったし。

んで、あのワイルドな容姿もたまらなくて一気にハマった(笑)
気にしてみてるとぶちきれてイエローもらうとかザラで(笑)、
ザラっていうかもうぶち切れてカードもらわなきゃリョータじゃない
くらいの感覚になってきて、ぶちきれるリョータが大好きだった(笑)
基本的に荒々しいのは好きじゃないんだけど
リョータの場合ぶちきれるのは仲間を守るためとかフェアじゃないからとか
そういうのがちゃんと根底にあるのがすっごいわかるんだ。
サッカーが大好きだから、サッカーに対しての情熱だからな。
ん?ちょっとひいき目すぎるかしら・・・・・・・(爆笑)
ただのアドレナリン放出しすぎる猛獣って可能性もなくはないか・・・?(笑)

こういう流れでついにあのACL優勝。
あの時のリョータのファインプレーの連続、PK戦突入での守護神ぶり。
あの姿といったら・・・・・・・・
もう、私がほっとくわけがないんですよ!!!

私が浦和レッズを応援するようになったのは当時入れこんでいた
小野伸二が海外から戻ってきて浦和レッズに入ったから。(笑)
でももう伸二そっちのけて・・・・・いつもの感じで(爆笑)

まぁだからといって男としてもきっと魅力的なんだけど(イメージ)
サッカー選手としてのリョータってやっぱカッコイイのよね。
荒々しさの中にも正確さがある都築のゴールキック、通称

ツヅキック

とか後ろから檄を飛ばして士気を高めたりするところとか
サポーターのこと大事にして守ってくれるようなとこあったりとか
すっごいファインプレーしてスタジアムがドワーってなって
「都築ーー!!!」っていうムードになると急に我に返って
恥ずかしくなるのかいきなりミスキックしちゃったりとか・・・
そんなカワイイところもある猛獣だから・・・(笑)

んー、語りだせばもっとどんどん出てくる、リョータの好きなとこ。
だからこの辺でやめとくかぁ。

そんな大好きなサッカー選手、都築龍太の引退。

代表に呼ばれたくらいからだよね。
呼ばれても代表で使われたの一回だけだし、
そんなことやってるうちにコンディション下がったりしてきて
浦和レッズでも出場機会なくなってきちゃって・・・
去年湘南ベルマーレにレンタル移籍して~、
今年の1月くらいまでがレンタル期間だったんだよねたしか。
結局ベルマーレも降格だし浦和ももう契約はしないっていうし・・・。
そりゃそうだよね、ギシがいるし大谷くんとかノブとか
若手の有望なGKあまってるもん。
レンタル移籍するって決まった時からあんまりいい予感はしてなかったなぁ。

2年前くらい?3年前?
REDS TV GGRのスペシャルトークのときの動画。


★REDS TV GGR 都築×永井インタビュー★




このとき10年後の自分は何をやってるかっていう質問に
永井が横で「俳優とかやりたいし~チャラチャラ♪」みたいな
チャライこといってる(←失礼すぎる(爆笑))のにたいして
リョータは「ずっとサッカー続けてたい」っていう答えを出したのが
忘れられなくてまたあの動画探して見ちゃった。
何でも良いから、J1じゃなくても良いからサッカーやってたいって言った。
そんなリョータが所属先決まらずに引退を決意した。
これは都築ファンにとっても切ないことだけど
もちろん本人が一番、考えて苦渋の決断だったに違いないんだよね。


浦和レッズオフィシャルの都築龍太コラム


んで「また戻ってこれたら」なんて言ってたなんて知らなかったし。
その時から戻れるかわからないことを本人が一番感じてたのかも。

↓そんな中、私のブログでも感動のあまり書いた出来事。


都築レンタル移籍中の心温まる出来事


レッズサポがリョータのために都築コールをしてくれたあの出来事。
あれはきっとリョータの胸に響いたに違いないんだよね。

そんでREDS GGRでの最後のあいさつ。


★都築龍太あいさつ★




やっぱカッコイイ、リョータ(T_T)
この声も、大好き(T_T)

表情にはつらさもあるけどなんとなく吹っ切れたようなとこもあるかな・・・。

今後はリョータがどういう方向に行くのか私は知らないけど、
とにかく自分の大好きなサッカー選手が引退するって、初めてのことなんだ。
だからはじめはビックリしたしショックだったし。
経験したことのない感情だった。

浦和レッズだからこそ都築の魅力が最大限に生かされたって話、
読んでいてすっごい心地よかった!!
そう思わせることのできる選手だった、リョータは。

浦和レッズの歴史に名を刻んだこの都築龍太という選手を、
私は大好きだったことに誇りを持って宝物にする。
そしてこれからも応援しています。
これから先の人生にも明かりが灯ることを祈っています。

リョータ、いっぱいいっぱいありがとう!!



Comment

こんばんは。

都築の引退…
私もちょっぴりショックでした。


私も自分自身が応援している選手の引退をまだ経験したことがありません。
でも遠からずその日はやって来るし、誰しも必ずやって来るんですよね。


レッズとガンバがバチバチしてた頃、都築も永井も「コノヤロー」的に思ってました(笑)
でも♪都築龍大ラララララ~は好きでいっしょに歌ってたりしました(爆)
埼スタの真っ赤なスタンドをバックに登場する姿とあの大音量のコールは今でもしっかり覚えてます。


湘南にレンタルしたときもよくわからなかったし。
浦和の象徴的な選手だと思ってたから。


実力社会でチームがどんどん変わって行かざるを得ないのは分かりますが、やっぱり切ないですね。
サッカーやりたいのに出来なくなるのは。
だからこそ、現役の選手にはサッカーできる喜びを噛み締めて頑張っ欲しいと思います。


その選手が引退したとき、自分のサッカー人生に悔いなしと思えるように…
と切に思います。


都築!お疲れさまでした!

うさこさんへ

うさこさぁ~ん(TT)

ですよね、都築はガンバにもいた事があるし・・・
「このやろー」もわかる気がします(爆笑)
相手チームからしたら荒々しくて感じワリーですよねきっと(爆笑)
たぶん、ガンバに対しては負けたくない気持ちも強かっただろうし(笑)

うんうん、ほんと、そう思います・・・
情熱があっても試合に出れなかったり受け入れてくれるチームが
なくて他の道を探すしかない選手たちもいることを考えると、
自分の居場所がある選手たちだって他人事ではないですもんね。
サッカーができる幸せを思いっきり大切にして欲しいです。

好きな選手の引退・・・
経験した事がないだけに、ものすごい寂しさにビックリしました。
都築はもう戻って来れないかもっていう思いもあったはあったんですが、
浦和のGKとしてのカッコイイ姿がまた見たいという思いのほうが
強かったので信じて待っていた部分もあります・・・

こういうのも覚悟して応援しなきゃいけないのもイヤですけど(笑)、
いずれは・・・って考えると寂しいですよね(笑)

Secret

プロフィール

まゆ

Author:まゆ
声と頬骨と横顔フェチな爽やかになりたいけどなれない妄想率50%越えのhideを愛してやまない浦和レッズサポ★

カテゴリ

最新記事

ブックマーク

月別アーカイブ

ブログ内検索フォーム

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Twitter

月齢

FEVER X JAPAN

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。